東南アジアのビザ、完全ガイド

大規模な旅行を計画する時に多くの人にとって最もストレスになることの1つは、どの国がビザを必要とし、どのくらいの費用がかかり、どこでいつ申請すればよいのかということです。できる限り、このブログ投稿でこれらの質問に答えるようにしますが、ビザの要件は国籍や規則によって異なるため、旅行に出る前に各国の大使館のサイトを確認することを強くお勧めします。

私の友人(ここでは彼女の本名はふせておきます!)は旅行代理店による手違いで到着時にビザを持っていなかったので、実際にベトナムから国外退去を命じられました。彼女はタイに移動しましたが、タイのビザも持っていなかったので、そこでも国外追放されていました。本当に悪夢のような話です。

ありがたいことに、素早い思考の転換と他の旅行者からのアドバイスで、オンラインでビザを申請することができたため(立ち往生)、24時間以内にベトナムの地に降り立つこととが出来ました。彼女のみならず、私にとってもそれは教訓でした。旅行前に下調べを必ずしてください!

インドネシア

到着時に支給される観光ビザとトランジットビザは、52の国と地域の人が利用できます。最長30日間の観光ビザはUS $ 35.00です。(数年ごとに値上がりしているようです!)以下の11の国および地域の人がインドネシアに到着した場合、30日間ビザなしで入国できます。ブルネイ・ダルサラーム国、チリ、香港、マカオ、マレーシア、モロッコ、ペルー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム。

有効滞在期間を超えると、60日未満の滞在で1日あたり20ドルの罰金が発生します。違法滞在を続けた場合、インドネシアの刑務所行きの可能性があります!ペナルティがかさむ可能性があるので、安いエア・アジアのフライトで一度国外へ出て、その後再入国し、滞在を1か月延長するほうが良いかもしれません。

**個人的な経験**バリに到着した時に、米ドルを持っていなかったのですが、税関検査所の中にATMがなかったので、面倒なことがたくさん起こりました。お金を引き出すために、税関職員に頼んで外に連れて行ってもらい、それからビザの支払いのために中に戻って、再び外に出たのです。こういうことを想定して、今は少なくとも財布の中に100ドル入れて旅行するようにしています!

シンガポール

ほとんどの国籍の人(北アメリカ、南アメリカ、アフリカ南部、ヨーロッパ、およびオーストラリア出身者)は、最初の30日間、場合によっては90日間の滞在にはビザが必要ではありません。 (シンガポールで1か月以上観光するなら、お金がたくさん欲しいと思うでしょう!)

旅行証明書と残高証明書(旅行前に銀行の明細書を印刷)、そして少なくとも6ヶ月間有効なパスポートが必要です。北アフリカや中東、および他の国から来ている場合は、おそらくビザが必要になるでしょう。こちらをご覧ください。

マレーシア

シンガポールと同様、多くの国籍の人(ほとんどのヨーロッパ諸国、北アメリカ、南アフリカ、オーストラリア出身者など)はビザを必要としません。マレーシア国内での90日間の滞在が許可されています。(ただし、これは国籍によって異なります)。

タイ

東南アジアで最も人気のある観光地の1つであるタイに、かなり面倒なビザの手続きがないことがないことを知ってホッとするでしょう。西欧諸国のほとんどは、最大30日の滞在であれば、ビザなしで入国することができます。

30日以上タイに滞在したい場合は、到着する前にタイ大使館で60日間のビザを申請することができます。すでにタイに滞在していて延長が必要な場合は、最寄りの入国管理局に行き、1,900バーツの料金を支払い、ほんの数時間で30日間ビザを延長することができます。

**個人的な経験**私はカンボジアからバスを使って、陸路でタイに到着したので、15日間のビザしかもらえませんでした。これが今でも有効かどうかは分かりませんが、2014年8月現在(陸路で到着した場合は15日間、飛行機で到着した場合は30日間のビザ)ではそうなっています。サムイ島の入国管理局に行かねばならず、(滞在を延長しようと思った時、私はタオ島にいました)延長にはかなりの追加費用がかかりました。

カンボジア

私は昨年2回カンボジアに行きましたが、どちらも比較的面倒なことはありませんでした。比較的です!カンボジアを訪れるほとんどの人はビザが必要です。東南アジア出身でなければ、おそらく必要になるでしょう。電子ビザの手続きがかなり簡単であると感じました。オンラインで申し込み、30ドルの料金を支払うと、ビザが電子メールで送られてきます。これを印刷して、到着時に入国管理局に渡します。プノンペンでは、観光ビザを約30ドルの費用で30日間延長(一度だけ)することができます。

**個人的な経験**いかなる時も、電子ビザのコピーを必ず2部印刷し、湿ったり引き裂かれたりしないような非常に安全な場所に保管してください。(それが実際に起こってしまったのです。モンスーンの季節に旅行すると、その可能性があります!!)出国の時に、電子ビザの2枚目のコピーを渡すまで出国させてはもらえません。私はそのせいで、文字通り危うく国境を越えられないところでした。これが私が学んだ教訓です!!

ベトナム

ベトナムの近隣諸国の出身者のような幸運な人たちでない限り、ほとんどの人はビザが必要です…またはロシア。唐突ですね。ベトナムは間違いなくビザ取得の面で最も面倒な国です。最初に知っておくべきことは、旅行代理店からの招待状を持っていない限り、到着時にビザが発行されないということです。

東南アジアで最も申請費が高いビザでもあるため、必要なビザの種類を事前に決めることは非常に重要です。空港到着時のビザの印紙料は固定されています。一次有効ビザの場合は1人あたり45ドル、数次有効ビザの場合は1人あたり65〜95ドルです。到着のビザカウンターで現金、米ドルまたはVNDで支払うことができます。到着前に約20ドルを支払い、旅行代理店からビザの招待状を持っている場合にのみ、入国スタンプをもらうことができます。すべて自分で手続きをした場合は65ドル、旅行代理店を通してビザを取得する場合はもっとかかります。

ラオス

ラオスでは、飛行機でも陸路でも、30日間のビザを到着時にもらうことができます。陸上国境検問所では、到着時にビザを発行しない場合もあります。そのため、はっきりとしないような場所から渡航を計画している場合は、事前にビザを取得することをお勧めします。ある特定の国籍を持つ人が、他の国の出身の人よりもビザに多く支払っている場合もあります(平均費用は約35ドル)。日本またはASEAN加盟国からのパスポートを持っている場合は、ラオスに入国するためのビザは必要ありません。いつも通り、少なくとも6ヶ月の有効期限があるパスポート、2枚のパスポートの写真、およびビザ代(現金)が必要です(米ドルが望ましい)。

ビザの延長は簡単にできますが、使用期限を過ぎたあとの滞在を避けるには、事前に計画を立ててビエンチャンの入国管理局に行く必要があります。(現在、1日の滞在延長につき10ドルのペナルティが課せられます)

ミャンマー

ミャンマーは最近になって、世界のバックパッカーに入国の機会を与えたので、ビザ取得の際にはやや手間がかかります。すべてのビザは事前にオンラインで申請する必要があり(処理には約5日かかります)、ミャンマーへは陸路で入国することができないため、飛行機を利用する必要があります。幸いなことに、電子Visasは最長3ヶ月間有効で(2014年9月以前は28日間有効)、申請可能な国の数が増え続けています。ヤンゴン国際空港到着時のビザ取得が可能な場合もありますが、保証はされていないため、実際にはお勧めできません。

フィリピン

飛行機でフィリピンに到着する場合は、到着時に無料のビザを利用できます。30日間有効で、ほとんどの国籍(一部の国を除く)の人が利用可能です。基本的に、フィリピンとの良好な外交関係を持っている国の人であれば誰でもビザなしで迎えられます!観光客は以前21日間のビザしか与えられていませんでしたが、2013年に期間が30日間に延長されました。