家族と一緒に、東南アジアの国へ移住することを検討中ですか?

過去数年間にわたり、アジアへの駐在員が爆発的に急増しています。雇用機会の増加、生活水準の向上、質の高い教育がこれに大きく貢献しています。

家族と一緒に、東南アジアの国へ移住することを検討中ですか?

東南アジア諸国の生活は、インドの生活と大きく異なります。欧米諸国からの駐在員はここでの生活に慣れるまでに、一定の期間を要します。カルチャーショックを乗り越え、安心した生活が出来るように、東南アジアへの駐在員が知っておくべき5つのアドバイスをご紹介します。

  1. 不動産の購入よりも賃貸を

家族と移住するならば、みんなで快適に過ごせる家が欲しくなるでしょう。ただ、焦って家を購入せず、はじめは賃貸にしましょう。短期間のうちに引っ越しをするならば、お金の節約になりますし、なにより便利です。

2. 家の購入の前に、選択肢の検討を

多くの人は引っ越す前に、長期間賃貸をしようと考えます。これは賢い決断ではありません。しばらくの間ひとつの場所に居続けて、次にしたいことを考えるのが賢明です。家を借りるための契約に署名する前に、同僚や近所の人に問い合わせることをお勧めします。Writer Relocationsを使って引っ越しをしているのなら、オリエンテーションサービスの一環としてあなたの家の検索をお手伝いします。仕事関係で引っ越しをするならば、雇用主に依頼しましょう。

3.他の駐在員と顔見知りに

他の駐在員と仲良くなる以外に、赴任先の国について詳しく知るより良い方法はあるのでしょうか。同じようなバックグランドを持っているので、うまく溶け込めるように手助けをしてくれるでしょう。また、駐在員と交流することで、ホームシックを感じにくくなるでしょう。Writer Relocations Expat Clubでは、あなたと同じような駐在員と交流することができます。私たちのクラブは文化、娯楽、そして冒険活動を企画していて、魅力的な会員特典を提供しています。詳しくはこちらをご覧ください。

4.地元で買い物を

馴染みのあるブランドに手が伸びそうになりますが、アジア諸国の現地のマーケットは穴場ですよ。クオリティーの高さに驚くでしょう。

5.買い物では値切り交渉を

ここでは、値段交渉するのは一般的です。特に、西洋諸国からの移住者は、値引き交渉に抵抗感があるかもしれません。しかし、周りの人々が値切っていることに気がつくでしょう。礼儀正しく、笑顔で値引き交渉することが正しいやり方です。たいていの場合、うまくいきます。

Writer Relocationsは、過去63年間、人々がインドから東南アジア諸国への移住をサポートしてきました。

ストレスなく引っ越しができ、新しい場所に落ち着くには、移住する前にその国について知ることが大切です。Writer Relocationsの国際間の移住に詳しい専門家が、東南アジアの主要国の目的地ガイドをまとめました。

  1. ミャンマーへの移住

2011年まで、ミャンマー政府は旅行客の入国を禁止していました。しかし、法律が改正されてからは、仕事の関係で多くの駐在員が移住してきています。ミャンマーは海外の投資家と熟練技能労働者に多くの雇用機会を与えています。

  1. フィリピンへの移住

フィリピンで仕事を見つけることは容易ではありません。うまく仕事を見つけられた駐在員もいますが、人々はより良い雇用機会を求めてフィリピンに移住してきているわけではありません。フィリピンの生活をもっと詳しく知りたいですか?

  1. ベトナムへの移住

ベトナムへの移住は、駐在員にとっては「冒険」です。ベトナムは収入アップに大きな可能性を秘めていて、質の高い生活を保証してくれます。

  1. タイへの移住

タイに移住する外国人駐在員は、きらめくビーチや印象的な風景、そして謎めいた文化に魅了されているはずです。ただ、バンコク以外の都市で駐在員が仕事を見つけることは困難です。これが、バンコクが国内で最大の駐在員数を誇る理由です。

  1. シンガポールへの移住

様々な国から駐在員がシンガポールへ移住しているので、シンガポールに住むことは決して難しいことではありません。

インドで最も古く、最も信頼されている引っ越し会社のーつです。63年以上にわたって、引っ越し業務に携わっています。海外へのお引越しでお困りのことはございませんか?荷造業者や運送業者をお探しですか?今すぐ無料の引っ越し見積もりを入手してください。海外移住をお考えの方に、移住のヒント満載の無料の電子ブックがございます。ストレスなく快適に移住ができるよう、50万回以上の引っ越しを経験してきた引っ越しのプロがまとめました。