外国人の雇用許可の発行の規則改訂についてよくある質問とその回答(フィリピン)

  1. 外国人雇用許可証(AEP)とは何ですか?

外国人雇用許可証は、フィリピンでの就労を外国人に許可する権限を持つ労働雇用省によって発行された文書です。

  1. AEPの申請が必要な外国人とは?

・フィリピンで有給雇用に従事する意志のあるすべての外国人。

・フィリピンで有給雇用に従事する意志のあるすべての外国人。つまり、2000年の中国近代化法第7条(j)に従って、互恵協定およびその他の国際協定、ならびにコンサルティングサービスの下で、フィリピンでの職務を許可された外国人。特別投資家居住ビザ(SIRV)、特別退職者居住ビザ(SRRV)、条約貿易業者ビザ(9d)、または企業の重役や顧問の役職在任期間中の特別非移民ビザ(47(a)2)の保有者。

  1. AEPの取得を免除されている人とは?

以下のカテゴリの外国人は、AEPの取得を免除されています。

1.フィリピン政府によって認定された外交官および外国政府高官の職員。

2.フィリピン政府が協力的な加盟国である国際機関の役員および職員、ならびにフィリピンでの就職を希望する職員の配偶者。

3.理事会のメンバーとして選任され、他のいかなる地位も兼任しておらず、企業の議決権のみを有する外国人。

 4.特別法および議会によって公布される他のいかなる法律の適用からも免除されているすべての外国人。

 5.フィリピンの海外求職者の面接を目的として期間限定でフィリピンに入国する、フィリピン海外雇用管理局(POEA)の認定を受けている企業の外国人社長および代表者。

 6.海外の大学またはカレッジ、もしくは外国政府間の正式な合意の下、客員教授、交換教授あるいは非常勤教授として、フィリピンの大学やカレッジで研究発表や教育に従事する外国人。しかし、相互的互恵関係が成立している場合に限る。

 7.外国国籍の居住者、試用雇用期間中のビザ保有者、もしくは求職者。

4. AEPの申請書はどこに提出すればいいですか?

AEPの申請書は、個人または雇用主を通じて、勤務地を管轄するDOLE地域事務所または現地事務所に提出するものとします。

子会社、支店および合弁事業に配属される外国人、ならびに国内の支店、事業またはプロジェクトのいずれかにおいて監督機能を有する本部に配属されている外国人の場合、職場に最も近いDOLE地域事務所への申請書の提出が認められています。

5. AEPの申請書にはどのような要件がありますか?

書類の要件

  • 正式に記入された申請書
  • パスポートのコピー、ビザまたは難民認定証明書
  • 雇用契約書もしくは理事長の任命証明書
  • 市長から発行された事業運営許可証のコピー、経済特区で事業を行う権利者の場合、エコゾーン内での事業を認めるPEZAまたは経済地区当局からの認定書のコピー
  • AEPのコピー(更新の場合)

  費用  

  • 発行手数料は、1年間有効のビザで8,000ペソ、1年の期間更新ごとに3,000ペソです。追加更新は合計5年を超えてはならず、申請手数料は申請時に支払わなくてはいけません。

  罰則

  • 検閲時に、再申請前の期限切れのAEPやAEPを所持しない状態で働いていたことが判明した場合、労働した1年の期間またはその一部に対し、10万ペソのペナルティが課されます。

6.誰がAEPの発行を承認していますか?

外国人の勤務地を管轄するDOLE(フィリピン労働雇用省)地域統括部長を通じて、労働雇用長官がAEPの発行を承認します。

7.掲載要件の対象となるのはどんな人ですか?

AEPの新規申請、同一会社で役職の追加または変更、関連会社への配属、そしてAEPの更新の場合、掲載の要件を満たし、掲載料の支払う必要があります。

8.発行されたAEPの申請結果に対し、地域事務所が異議申立てをした場合、どのように解決されますか?

地域統括部長は、AEPの申請の情報や異議申立てが申請の拒否またはAEPの取り消しに値するかどうかを判断するものとします。

地域統括部長は、外国人および異議を申し立てる当事者のいずれかまたは両方の出席を要求することができます。異議が認められた場合、申請を却下するか、すでにAEPが発行されている場合は取り消されます。異議が認められなかった場合は、AEPは承認されます。

9. AEPの有効期間は?

AEPは1年間、またはコンサルタントサービスやその他の雇用形態で雇用されている5年以下の期間であれば有効です。当該AEPは、申請された役職および会社に対して有効です。

会社の子会社、支店および合弁事業ならびに本部の監督機能を有する支店、国内の事業またはプロジェクトに配属される場合、AEPが1つ必要で、場所に関係なくすべての企業に対して有効となります。

10. AEP発行にかかる期間はどのくらいですか?

申請書が地方事務所に提出された場合、AEPの発行または却下は申請結果の発表後24時間以内に行われるものとします。申請書が出張所に提出された場合、AEPの発行または拒否は申請書の提出日から5営業日以内とする。

11. AEPが却下される根拠は何ですか?

申請時の虚偽記載、偽造文書の提出、犯罪歴、外国人を対象とした仕事を有能なフィリピン人が請け負う余裕がある場合、AEPが却下されることがあります。

12. AEPが一時停止される根拠は何ですか?

以下の場合、適正な手続きの後、AEPが一時停止されることがあります。

  • 外国人の継続的な滞在が、産業や国の利益に損害を与える可能性がある場合。
  • 外国人の雇用が雇用主または裁判所の命令により一時停止される場合。

13.地方事務所によって申請が却下または取り消された場合、他の地方事務所でAEPを再申請することはできますか。

いいえ。AEPの申請が却下または取り消された外国人は、却下・取消が訂正された証拠を提出しない限り、どのDOLE地域事務所からも再申請することはできません。

14.却下、キャンセルまたは取り消されたAEPに対して不服を申し立てることはできますか?

はい。却下または取り消しの命令を受領してから10日以内に、当事者が労働長官に申立てができます。

15.労働長官が最終的な判断を下し、それが実際に履行されますか?

はい、長官の決定を受理してから10日以内に再審議の申立てが提出されない限り、それが最終決定となります。再審議の申し立ては認められないものとします。

16. AEPの更新申請はいつ行われますか?

AEPの更新申請書は有効期限が切れる前に提出しなければなりません。ポジションに選任された時は、任命後15営業日以内またはAEP失効以前(失効以前に選任された場合に限る)に申請書を提出しなければなりません。

選任がAEPの満了後に行われる場合には、申請書はAEP満了前に提出し、1年間更新するものとします。

17. AEPの取り消しの根拠は何ですか?

次のいずれかが、AEPの失効または取り消しの根拠となります。

  • AEPが発行される要件または条件のいずれにも準拠していない
  • 申請時の虚偽記載
  • 改ざんまたは改ざんされた文書の提出
  • 地域統括部長による外国人の雇用決定に対する不利な異議または情報提供
  • 犯罪歴
  • 雇用の打ち切り

18. AEPの申請書の提出に関連する罰金はありますか?

はい。AEPの非所持または期限切れのAEPでの就労が発覚した外国人には、毎年10万ペソの罰金またはその一部が課されます。

19.AEPを新しく申請するまでに猶予期間はありますか?

はい。新しく採用または選任された役員は、違約金なく、選任・契約の締結後15営業日以内にAEPの申請をすることができます。

ただし、選任、署名または契約の締結が、契約の開始または任期の15営業日以上前の場合は、事前に申請書を提出することができます。

20. AEPカードの交換には何が必要ですか?

AEPカードを交換するには、750ペソの手数料がかかります。 AEPカードを紛失した場合、紛失届を届け出て申請を行うことができます。