東南アジアの就職事情 タイ、カンボジア、その他諸々

バックパッカーの旅の目的地として有名な東南アジアですが、就労先としては見落とされがちです。タイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム、ブルネイ、東ティモール、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールを含む広域を東南アジアと呼びます。東南アジアの国々は、おもてなしや親しみやすさ、そしてゆったりとした暮らし方に定評があります。仕事や日常生活、旅行に最適な場所です。ただ、念頭に置いておいて欲しいことがあります- 時間厳守や誠実さ、効率の良さを重視する人には、東南アジアは適していないかもしれません!

ゆったりとした生活スタイルを楽しみ、腕時計を身に着けない(「何時ですか」と時間を気にすることはない)という考えを好み、フレンドリーで、教養に溢れる人々との豊かな交流を楽しもうと思うのであれば、東南アジアは理想的な場所です。多くの人が旅行で一度訪れて、その国に魅了され、そのまま定住してしまうのです!生活と仕事の両方を楽しむことができる美しい国に、何カ月、何年、はたまた一生過ごしたいと思う人もいるでしょう。

東南アジアのすべての国では、入国前にビザを取得することを義務付けています。一部の国では、入国時に申請することができます。申請は簡単にできますが、安心感を確保し、申請コストを削減するという意味でも、出発前に申請をしておくことをおすすめします。申請自体はいたってシンプルです。特定の国の大使館のウェブサイトから適当なフォームをダウンロードし、パスポートと共に送付し、申請料を最寄りの大使館に支払うだけです。通常、事務処理に数日かかります。各国の労働許可の規則や規制は異なりますが、労働許可証はアジア諸国で働くためには必要不可欠です。繰り返しになりますが、各国の申請プロセスに関する具体的な情報は、大使館のWebサイトに詳しく載っています。

すべての東南アジア諸国の中で、タイがおそらく近年で最も注目を集めている場所です。タイで良く目にする広告は、英語教師の求人広告です。TEFLの資格や教員免許の有無によりますが、月額600ポンドから1500ポンドほど稼ぐことができます。私立語学学校やタイ語学校、インターナショナルスクールなど、希望の場所に応じて、数ある学校の中から選ぶことができます。タイの学校はタイの文化に触れるのに最適ですが、インターナショナルスクールと語学学校はより厳格で、資格のある教師を対象としています(旅行者は対象外です!)。

タイで最も有名な休暇の目的地はビーチです。白い砂浜に澄んだ青い海、絶え間なく降り注ぐ日差しとカクテル。もう完璧ですね!スキューバダイビングを楽しむのであれば、タイの南の島々(例:タオ島、パンガン島、サムイ島、プーケット、ランタ島など)はサンゴ礁で世界的に有名です。多くのダイビングショップは熟練したスキューバダイバーを雇っています。そこでトレーニングを終えて、スキューバダイバーとして仕事を続けることもできます。アジア全域でこれが可能で、マレーシアとタイには世界でも有​​数のダイビングスポットがあります。 PADIのウェブサイトをチェックしてください。

観光地は例外ですが、タイの生活費は比較的安いです。しかし、長期の賃貸の場合、タイの多くの場所で値下げレートが適用されます。平均的な生活費は、月額150ポンドから500ポンドの間です。アパートに住んでいるか、旅行やパーティーをしたいかによって、生活費に多少の誤差があります。

カンボジアは美しい国ですが、ブルネイやシンガポールなどの東アジアのようなより豊かな国と比べてはるかに発展途上国であり、生活は質素です。カンボジアには、看護師や理学療法師、エンジニア、教師のように多様な仕事を斡旋する多くの非政府組織(NGO)があります。あなたにピッタリの仕事が見つかるはずです。

医療関係の仕事は最も人気があります。現在、ソーシャルワーカーの需要が高まっていて、雇用主によりますが、月額150ポンドから750ポンドの給与を得ることが出来ます(きちんと給与を支払うNGOもありますが、支払わないところもあります!)。NGOに雇われている場合、希望のホテルまたはゲストハウスの宿泊をサポートしてもらうことができます。つまり、宿泊費を節約することができるのです!一人でアパートに住むことを希望する場合、賃貸契約の期間は1年になります(どの国も同様の契約期間)カンボジアの平均の月額の賃料は、バイクの賃貸料を含めて、月200ポンドになります。

ラオスは東南アジア諸国の中でも最も開発途上の国のひとつです。旅行の移動手段はバスのみで、とても風の強い山岳道路を走ります。もし旅行が目的で、お金の節約のために就労をしていないのであれば、長期契約の仕事はほとんどありませんが、Vang Vieng(世界の川下りの中心首都!)はあなたに絶好な機会を与えてくれるはずです。 Vang Viengは間違いなくアジアの娯楽の中心地で、ゴム製の浮き輪に乗って川を下り、酒を飲んで一日を過ごすのはごく当たり前の光景です。美しく、静かで、ゆったりとした国は、アジア人のmai pen rai(気にしない!)精神を象徴しています。仕事は無給ですが、毎日数時間川下りのチラシを配る仕事の見返りとして、雇用主は宿泊費と飲食費(アルコールも込みです!)を代わりに支払ってくれます。無給なので、労働許可を取得する手間も省くことができます。つまり、川下りをし、人々と出会い、10フィートの高さのスウィングから川へ飛び降り、酒を飲みながら、タダで見返りを得ることができるのです!

ラオスでは、認定されたNGOで働いていないと、労働許可を取得するのは困難です。そもそもラオスで活動しているNGOは少ないのです。しかし、生態学、自然・文化財などの保護保全、医療などの分野では多くのボランティア活動の機会があります。Bokeo Rainforestでラオスの山岳民族と協力して行われている素晴らしい保護プロジェクトをチェックしてください。また、寺院や学校、医療機関でのボランティアに関する情報をご覧ください。

ベトナムはアジアの他の国々とはわずかに異なり、旅行者からさまざまな意見が寄せられています。アジアの他の国々でみられるような、友好的な姿勢が欠如していると多くの人が言っています。出費が想像以上にかさむことに不満を口にする人や、飛行機以外での街から街への移動が難しいと指摘する人もいます。しかし、大多数の人はベトナムを素晴らしい国だと思っています!ベトナムには、ホーチミンとハノイの2つの主要都市しかないため、雇用機会はほとんどありません。多くの多国籍企業がベトナムに移り始めていますが、ここでは教師が外国人の主な職業です。

ベトナムの教師の給与は、月額300ポンドから800ポンドの間です。毎月の生活費は月額270ポンドなので、それほど多くのお金を貯金することができないでしょう!朝の7時に起きなければならないようなときに、旅行者と一緒に暮らすことは、悪夢のように思えるかもしれませんが、安い宿泊施設だと、ゲストハウス1泊あたり£1.50の部屋もあります。

ミャンマーは政治的に不安定な国であり、現時点でほとんどの外国大使館(イギリス、カナダ、アメリカなど)は極力旅行をしないようにと勧めています。ただ、人助けのために働くことを希望するならば、最適な仕事がいくつかあるかもしれません。看護師の給与は月額300ポンドから700ポンドで、ミャンマーの生活費は非常に低いです。しかし、ヤンゴンは、昨年9月に世界中に放送されたような情勢が不安定な時期には、ほとんど電力が通らない状態で、それ以外の時にも30分ごとに電力が途絶えると言われています。ユニセフやWHOは求人広告を掲載していますが、現時点ではビルマでの生活や仕事に関する情報をほとんど提供していません。

ブルネイ、インドネシア、東ティモールは、他の東南アジア諸国とは非常に異なる一面をもっています。先進国であるため、より多様な業種の仕事があるのです。ブルネイは建設業、エンジニア、そして教育関連およびNGOの仕事が豊富にあります。ブルネイの労働者の3分の1は外国人で、これは外国人労働者が仕事に就きやすいということを示唆しています。しかし、NGOの仕事に応募する際に、それぞれの役職に多くの申請が必要ですが、慈善団体に連絡をしたくても言葉の壁でできないという苦情が外国人労働者から寄せられています。教師は、資格に応じて(CELTAはTEFLより好条件)、21,000ポンドから38,000ポンドの範囲で給与が支払われます。母国で稼ぐより割が良いですが、ブルネイは月額約1,500ポンドの賃貸料にみられるように、生活費がかさむ国です。

会計や行政、エンジニア、ケータリングサービスなどの仕事もあります。ブルネイで就職先を探す際に便利な求人サイトです。このサイトは、新卒者のためにオペアの仕事やインターンシップ、そして実務未経験者向けの仕事を掲載しています。ここでは、アルコールを買って飲むようなことが出来ないことを忘れないでください。

ジャカルタやバリなどの観光地によって、インドネシアはアジアの主要国の1つに台頭しつつあります。インドネシアの魅力の虜になって、移住を決意する旅行客や行楽客が後を絶ちません。バリで教師になるのは、非常に魅力的な選択です。なぜなら、毎週金曜日の午後は生徒たちがサーフィンスクールに通うことになっていて、一緒に同行できるからです。エンジニアや建設関係の仕事も多くありますが、これは非常に骨の折れる仕事でもあります。給与は月額500ポンドから1000ポンドの範囲です。


東ティモールは、金や石油、天然ガス、マンガン、大理石などの天然資源で有名で、輸出産業で繁栄していきました。ご想像のとおり、これらの業界では、多くの雇用が生み出されています。資格の条件を満たしている人は、石油業界も志望することが出来ます。 OilJobFinderはしばしば、この地域の石油関連企業の求人広告を掲載しています。ただし、東ティモールの治安が懸念されています。東ティモールは近年、全国各地で情勢不安に陥っています。2006年の暴動では何百人もの人々が亡くなり、2万人以上の人々が避難を余儀なくされました。

大使館のウェブサイトには、各国への入国に関する規則や規制に関する多くの情報が載っています。インターネット上には、各国での経験談がまとめられたサイトが多数あります。その多くは、旅行者に向けた情報ですが、滞在予定国で役立つ情報をまとめています。普通のバックパッカーのように、毎晩パーティをするわけではなく(ただの建前?)、仕事に来ているという自覚を忘れないでください。カンボジアとブルネイ、どちらの国で仕事をするにしても、幸運を祈っています。良い旅を。