インドネシアの就労許可証の規則一覧

インドネシアで合法的に仕事をするには、以前は労働許可(IMTA)が必要でしたが、現在はこれが労働省からの通知に置き換えられています。それに基づき、インドネシアの入国管理局は、制限付き滞在許可証(VITAS)と制限付き電子滞在許可証(ITAS)を発行します。この記事は、インドネシアの労働許可証を取得する過程で想定しておくべきことはもちろん、新しい申請プロセスについてもご説明します。

こちらで共有する情報は、以下の法的文書に基づいています。就労許可規則16号(2015年)、改訂版第35号(2015年10月)、最新の大統領規則20号、そして外国人労働者雇用規則。

新たな規制の詳細は、この記事に記載されています。多くの代理店は最新情報を持ち合わせていません。したがって、誤った情報を耳にしてしまうこともあるでしょう。インドネシアでの労働許可証を取得する際に、さらにサポートが必要な場合は、お問合せください。

インドネシアの労働許可証取得の一般要件

労働許可規則は、インドネシアで労働許可を得るための要件を規定しています。一般的な要件は以下の通りです。

・インドネシアで任命された役職に関連した教育を受けた者

・資格証明書または役職に関連した5年以上の実務経験を有する者

・インドネシア滞在中の健康/生命保険証明書を有する者

年齢要件

一般要件には、年齢制限について明記されていません。つまり、少なくとも職務に関連した実務経験を5年以上積んでいれば、年齢にかかわらず、労働許可証取得の資格を有していることになります。ただし、芸術家やインプレサリオ、役職に一時的に就いている外国人労働者はこれに該当しません。業種によって、より細かい規定が適用されます。

例えば、インドネシアエネルギー・鉱物資源省法(No. 31/2013)に規定されているように、石油・ガス産業の労働者の年齢は30~55歳に制限されています。

年齢制限は、以下のような企業の最高レベルの職位には適用されません。

取締役

駐在員事務所所長

理事

会社/機関に有益な、非常に重要で特別な専門知識を必要とするポジション

インドネシアで外国人が就くことが可能な役職

外国人は労働許可証を保持することができ、その間に制限なくどんな役職にも就くことができます。しかし、人事、法務および医療業界では認められていません。

労働許可証の有効期間

労働許可の有効期間は、雇用主である企業と被雇用者の間の雇用契約によって決まります。インドネシアでは以前、6か月から12か月の労働許可証しか認められていなかったことに注意してください。

労働許可証取得のプロセス

2018年7月11日付で有効となった、新たな労働許可規則がインドネシアで採択されたことに注意してください。許可証の申請プロセスにおける重要な変更点は以下の通りです。

・就労中のIMTAは、雇用契約が結ばれている限り有効な通知書に置き換えられています。

・雇用契約の形式は、新規則の規定に従うこと。

・会社の株主でもある取締役および/または理事は、RPTKAに進む必要はありません。

結果として、規則変更による新情報によって、インドネシアでの就労許可証取得のプロセスが各段に速まりました。労働省での労働許可証と入国管理のプロセスの流れは次の通りです。

さらに、以下の表では、新旧の申請プロセスの手順を比較し、プロセスの変更点を強調しています。

ステップ旧プロセス(2018年7月以前)新プロセス(2018年7月11日開始)
1.外国人労働力雇用計画の承認により、企業は外国人労働力を利用することが認められた。RPTKAは、ポジションに関係なく、労働許可の承認を申請するすべての企業に義務付けられています。会社の株主でもある取締役および/または理事は、RPTKAに進む必要はありません。
2.Pre IMTA(ビザ発給推薦状) /プレワーキングパミット – 面接に基づき、労働期間を定める労働省の決定。Pre IMTA(ビザ発給推薦状)の処理が、就労ビザのTA-01手続きに置き換えられました。Pre IMTA(ビザ発給推薦状)は、通知書に置き換えられています。
企業の支払い金額はPre IMTA(ビザ発給推薦状)の処理中に決定されます。
3. DKP-TKAの支払い – インドネシアの労働省に対する毎月の開発資金の手数料。DKP-TKAの請求金額は月額US $ 100で、前払いは必須です。
事務処理の迅速化のために、DKP-TKAの支払いとVITASの承認、2つのプロセスが組み合わせられています。
例)6ヶ月の労働期間に600ドル、12ヶ月の労働期間に1,200ドル。
4.労働許可証(IMTA)インドネシアで合法的に働くことを許可します。IMTAの受取VITASの受取 事前のステップも同時に処理されるため、VITASはすでに受け取り済みです。
5.TELEXからの切り替えTELEXまたはVITASの承認インドネシアでの生体認証(指紋、写真など)
6.制限付き滞在許可証(VITAS)IMTAは、インドネシア入国管理が制限付き滞在許可証(VITAS)を発行するための基本となります。VITASの有効期限は、ポジションの任期が終わるまでの最大滞在期間に調整されます。VITASオンラインITAS(滞在許可証)が発行されます。
7.制限付き滞在許可証(ITAS)インドネシアでの生体認証(指紋、写真など)市民登録文書の処理
8.市民登録 家族カード、一時居住カード、インドネシアでの生活に必要なさまざまな書類市民登録文書の処理

Emerhubのサービスを利用すると、VITASを取得するまでに約3週間かかります。

就労許可証の有効期間の延長

新しい規則では、雇用契約(最長2年間の制限付き)がある限り、労働許可証を取得することができるので、2年目のDKP-TKAを支払うだけで延長可能です。この請求書は、通知の有効期限が切れる1か月前に、省庁から送付されます。

有効期限が2年未満の労働許可を申請する者は、有効期限の少なくとも2ヶ月前に新しい許可申請または延長申請することができます。

労働許可規則の最新の変更点

  1. 現地労働者と外国人労働者の採用比率

外国人労働者1人につき1人のインドネシア人同僚を雇うこと。現地の社員のポジションが、外国人の役職にも関連している必要があります。以下の役職のいずれかに該当すれば、企業はインドネシア人の社員をパートナーとして任命する必要はありません。

取締役

理事

財団の創設者(Anggota pembinaややさん)

財団管理者(Anggota pengurus yayasan)

財団の監督者(Anggota pengawas yayasan)

外国の芸術家や労働者も同様です。

  1. インドネシアに不在の取締役および理事に就労許可は不要

外国人の理事や取締役は、以前まで労働許可(IMTA)が必要でした。インドネシアでの滞在の有無にかかわらず、取得義務がありました。しかし、それは古い情報なので、条項から除外されました。したがって、上記の役職に就く外国人は、インドネシアに居住していない限り、IMTAなしでビジネスを行うことができます。

  1. 雇用主はインドネシア語の語学コースを提供しなければならない

雇用主は、外国人従業員にインドネシア語の語学講座を受講する機会を提供しなければなりません。現在の規則は、雇用主が外国人労働者に語学レッスンを提供したことを証明する必要があるかどうかについては言及していません。外国人労働者の言語スキルがテストされるのか、またどのようにテストされるのかについても、記載されていません。詳細がわかり次第、最新情報を更新します。

4.労働許可証取得後にインドネシアの国民保険制度(BPJS)に加入するための要件

インドネシアで6か月以上雇用されているすべての外国人労働者は、政府のBPJSプログラムに参加しなければなりません。

5.ダブルタイトルが認められている役職の拡大

以前は取締役と理事にしか許可されていなかった、同じ会社内で2つの役職を持つことを意味するダブルタイトルは、現在ではさらに多くの役職で認められています(たとえば教育、デジタル経済、石油およびガス産業)。

会議への出席やトレーニングをインドネシアで実施する際に、一時就労許可証の申請の必要はありません

旧労働許可規則(No. 16/2015)によると、外国人は以下の目的で一時労働許可を必要としていました。

会議への出席

スピーチの講演

トレーニングの実施

単発の仕事

インドネシアではビジネスビザで上記のような活動が可能です。