静岡県熱海市 山田歯科医院
HOMEへ インプラント治療へ レーザー治療へ オゾン治療へ
無痛治療
虫歯治療
予防歯科
矯正歯科
審美歯科
小児歯科
ホワイトニング
Q&A
リンク
医院案内・アクセス
歯の病気について
お問合せ・ご相談
診療予約・お申し込み
Dr.Jの独り言


◆3次元デジタルCT(歯科用CT)

やまだ歯科医院では、大規模病院などにしか設置されていなかった歯科用CTの導入により全て診査・診断・治療・経過観察を行える様になりました。
従来のX線写真は二次元的な平面での診断しかできませんが、歯科用CTでは三次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。

<1>見えなかったものが見える
一般のレントゲンで見えなかった部分が容易に確認できるようになりました。

<2>わからなかったことがわかる

顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。

<3>治療の安全性が広がる

インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な審査・診断により、治療の安全性を高めます。

歯科用CTは、以下にあげるような歯科治療において大きな役割をはたしています。

インプラント治療では、埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が正確に確実な判断ができるので、切開や剥離をしない手術や増骨術などに対しても判断が即日に行えます。
歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。


矯正治療への利用では、術前の検査で顎骨の状態が正確にわかるので、歯の移動の限界が予測でき、また軟組織の状態もわかるので、治療計画の立案に役立ちます。
最適な治療方法を導くことは治療期間の短縮にもつながります。


歯周病は、細菌感染による骨の破壊が起きる病気であるため、骨の破壊の程度などをよりリアルに見て判断することができます。また、骨の状態からおおよその歯の寿命を積算することも可能です。従って、非常に予知性の高い治療が行えます。
定期検診や歯科人間ドッグなどの際のオプションとしてもCT解析により、より詳しい状態の説明ができますから、次回の検診への導入として励みにすることもできます。


歯科用CTを親知らずの抜歯に利用することで、立体的に把握することができます。これにより、神経を引っ掛けてしまう可能性や、周囲の炎症の程度、病巣の有無や大きさ、位置なども判断・考慮して、治療を行うことができます。
また埋伏歯などの位置なども精密に判断できるので、余分な切開や骨の切削などを避けることができます。


歯根の先端の病巣発見や、治療後の治癒の状態など、かなり正確に把握できます。
歯科用CT画像を使った正確な診断によって、根の病気の完治を目指しやすくなります。
歯科用CTと医科用CTとの大きな違いは、撮影方法が医科用は横たわるのに対し、 歯科用CTではどこのメーカーの装置でも座ったままでの撮影となることです。
また、撮影時間がかなり短く約10秒ほどで済みます。被爆線量が医科の1/8〜1/50と低水準であるところも大きな違いとなります。

インプラント治療オゾン治療レーザー治療歯科用CT無痛治療虫歯治療予防歯科矯正歯科審美歯科小児歯科
ホワイトニングQ&Aリンク医院案内・アクセス歯の病気についてお問合せ・ご相談診療予約・お申し込みDr.Jの独り言
サイトマップHOMEへ
Copyright (C) 2002 YAMADA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.